椎の木の叫び


かつて少年の頃、遊んだ遊び場の椎の木が切られることになった。120年近く、町や人々の暮らしを見てきた椎の木の立場で、自然・環境とどう共生していくか考えようとした大人の絵本。

著者:大崎 光雄

サイズ:A5判/32P

定価:1200円(税込)   数量