土佐日記 --スケッチの旅(1980年の記録より)

貫之の旅をたどり、ゆかりの地を描く

国文学者・竹村義一先生の「土佐日記」研究取材に同行したことから、「土佐日記」への関心が高まったという著者。
この後、スケッチブックを携え半年をかけて、改めてゆかりの地を旅したのは、1980年のこと。
28年前の土佐の風景が、軽やかなタッチで爽やかに描かれている。
地質・天体の専門家だけに、「土佐日記」を自然科学的な視線で推察を加えるあたりは、著者オリジナルの「土佐日記」解読法。
28年前のスケッチと同じアングルで撮った現在の様子の写真と比較できるのも、面白い仕掛けになっている。

著者:川添 晃

サイズ:A4変型/48P

この本は在庫がありません。