1977年10月 出版社の設立を宣言。
1978年12月 「くろしお出版」と命名。高知県下を対象に教育と文化を取材、高知県の子ども-父母-教師をつなぐかけはしとなる
雑誌・季刊「なんぷう」創刊。以後1985年まで続く。
1980年7月 初の単行本『数学なんかやっつけろ』がヒット、全国的に高い評価を得る。
1983年6月 本の流通大手・東販(現トーハン)、日販と取引を持つ。
1984年2月 社名を“南の風社”に変更。
1986年5月 昭和町に事務所移転。コンピューターを導入し、自費出版事業を開始。
1987年8月 「県内出版物図書目録」を発行。(以後、2006年まで毎年刊行)
1988年12月 10周年行事として、県内出版物100選フェアーを県下8書店で実施。
1989年6月 旭天神町に事務所移転。
1990年8月 株式会社化(資本金800万円)。1995年5月、資本金1,000万円へ増資。
1991年7月 『なぜなぜ科学館』が好評を博す。
1993年10月 神田(現在地)に事務所を新築移転。
1994年7月 イメージセッター導入。デザイン事業が本格化。
1997年7月 20周年にあたり、新シリーズ「もっと知ろう土佐」刊行開始。『土佐の漆芸』発行。
2000年3月 『どんとこい学級崩壊』が全国的に注目をあびる。
(共同通信社から全国の地方紙へ配信されたのをはじめ、毎日新聞全国版で紹介)
2002年4月 高知大学でキャリア系学生支援活動がスタート。
2002年11月 「バーチャル本川村」プロジェクトの立ち上げ。
2005年2月 「もんもん文学賞」開設。第1回受賞作品『二十歳の俺へ』出版。
2005年9月 NNNドキュメント『地図にない村』でバーチャル本川村の活動を放映(3月 RKC高知放送では1時間の特番)
2006年5月 地域×若者!「いなかインターンシップ」プロジェクトの立ち上げ。
2007年8月 30周年パーティを開催。高校生の詩の朗読や大学生の歌で華やかに。
2009年4月 NPO法人人と地域の研究所を立ち上げる。
2011年3月 いなかインターンシップ」が、第8回オーライ!ニッポン審査委員会長賞受賞。
2012年4月 35周年記念として『もーもの歌たね』を出版。